メルマガ222号「完璧っていいもの?」

  • 2018.07.28 Saturday
  • 10:10

July 20, 2018

 

 

『”完璧”はいいもの?』

 

 

コーチという、人の盲点に光を当てて問いを投げていく仕事をしていると、時々

「久美さんは自分のことが全部わかってできている人」と大きな誤解を生むことが

あります。「大きな迷いがあるときには私もコーチをつけます」と言うと、

「えっ?必要なんですか?」と言われたり...その度に汗顔の至りでございます(笑)

 

迷いのあるなしで一つ、アメリカでコーチングの勉強をしていたときに、印象に

残っているクラスがありました。“日々の生活で妥協していることを片っ端から

つぶしていこう!”という内容だったのですが、このクラスを担当していた先生コーチが、

生徒である私たちが何を問うても

 

ああ、それは私は〜している

そういうときに私と夫は〜よ

私は〜〜だから大丈夫になっているわ

 

と全てに対してソツのない、いかに自分は妥協のない状態で生活をしていて気持ち良いか

ということをおっしゃって。もちろん自慢することを意図されていたのではないし、

彼女にも色々と人生の悩みや課題はあると仰っていたのですが、クラスが終わった後に、

私は何だかザワザワしたものが残ったので考えました。

 

んで出てきた自分なりの答えは・・・

 

 「パーフェクトなんて、つまんねーーー!!!」

 

でした。ははは・・・

 

別に自分ができていないことの言い訳をするつもりはないのですが、何でしょう、

何でもソツなくできているというのは面白味に欠けるというか、人の味に欠けるというか。

ホンマか〜〜〜!?と問うてみたいような気になるのですね。

 

 

このようなことを考えていると、「パーフェクトってそもそもあるの?」という

“ふりだしに戻れ” 的な問いが浮かんできます。

 

私に言わせれば、人生には完璧や正解などはなく。人が決めた"完璧"や"正解"にではなく、

自分の目指す姿に向かって今日も走ることこそが大事なのではないかと思うのです。

(注:この走る、には休憩やしばし立ち止まるということも含まれる)

 

 

人生の最期に「私なりに全力で頑張った。良い人生でした」と言えるように、

急に現実に戻りますが(笑)、今日も暑い中、頑張ってきます!

 

 

<お知らせ>

今年も8月が目の前ですね!我が家は約3週間、恒例のアメリカ帰省をしますので、

このメルマガも夏休みをとらせていただきます。

 

どうぞ皆様も良い夏を!

 

そしてまたここで、9月にお会いしましょう!

 

メルマガ221号コラムより「逆探知してみる」

  • 2018.07.14 Saturday
  • 10:58

配信日:July 13, 2018

 

 

『逆探知してみる』

 

 

私が研修やコーチングで必ず入れるコンテンツ、大切にしていることが「自分軸」です。

言い換えると「自分らしさ」ですね。

 

 あなたの強みは

 あなたの弱みは

 生きていく上で大切にしている価値観は

 譲れない信念・信条は

 物事を起こす時のドライブになるもの(観念)は

 どのような行動をとりがちか

 それを取ると「あなた」じゃ無くなるものは

 

などなど、「軸」は良いも悪しきも含め、自分を知っておくことなのですね。

だから普段から必要なところは改善&切磋琢磨しつつ、軸を太くしておくことで、

心折れそうな時にもポキっと行かずに済むと私は考えています。

 

・・・と書くは易し、言うも易し。

 

ではどっから考えていくと良いのか???

 

 

話は急展開しますが(笑)、うちは夫婦共に仕事をしているので生協を頼んでいます。

月曜日の朝にドッと一週間分の食料・備蓄品が届くのですが、これが私には辛い!

ということに気づいています。

 

なぜなら、冷蔵庫がパンパンになるから。

物が沢山になると、減らしたい欲求が働きプレッシャーになるから。

 

ぷっと笑われそうですが、本当にきつい。

でも食物は必要なので仕方ありません(笑)

実際、日曜の夜に冷蔵庫が空っぽになった状態を見ると、物凄い達成感があるのです。

 

 

で、これをリバース(逆に)してみると自分の大切にしていることが出てきます。

 

スッキリ

シンプル

物がない

 

というのが、何につけ、私が好きな状態なのです。

家の中、仕事机、パソコンやスマホの中、出張で泊まるホテルなどなど、

可能な限りこのようにしておくことで、エネルギーとヤル気が出てくるという私がいます。

 

 

あなたはいかがですか?

 

嫌な状態、避けたい状態ってどんな状態でしょう?

そしてそれをリバースするとどんな言葉になるでしょう?

 

「らしさ」に正解不正解はありません。

 

もしよかったら自分の中を逆探知してみてくださいね!

 

 

 

メルマガ220号コラムより「えっ!?」

  • 2018.06.23 Saturday
  • 18:55

配信日:June 22, 2018

 

 

『えっ!?』

 

 

研修を終え、疲れた身体でピークのラッシュ時に新宿で電車を待っていた時のこと。

ドアが開き、”お、ラッキー、座れる…” と思いあいている席に8割方座った時に、

 

なんと・・・

 

前で席取りにあぶれた同年代の女性が私の膝の上に座ってグイグイお尻で私を席から

押し出そうとした!のです(ちょっと想像してみてください)。

 

一瞬、自分の身に何が起こっているのかわからず、頭が真っ白・・・

 

かろうじて出た言葉が、「What…!? な、なに、この人!」

 

そして次の瞬間には研修で鍛えた講師モードにスイッチが入り、議論でもしようかと

思ったのですが、これまたコーチモードで”その姿をありありと” 想像し、その醜さに

愕然としたので、結局、私が席を譲った・・・という顛末。ははは・・・

 

世の中には凄い人がいるもんですな〜

これを聞いた知り合いは「それ、あさましいという言葉がピッタリ」「せやろ〜」

と二人でバッサリ(笑)

 

 

かと思えばこんな女性もおられて。

 

銀座の夜の世界で25年。独立していく若手を銀座の繁栄のために温かく支援しつつ、

自身も壮絶な闘いを生き抜いてきた50代の女性(ママ)。

 

その半生を追うドキュメンタリーで、彼女から放たれた言葉は、

 

「かえのきかない女でいること」

 

ドキっとしました。そして、それをさりげなく言えるカッコ良さに痺れました。

 

 

同じ“椅子とりゲーム” をするのでも、このレベル感の違いはいかがなものか!笑

 

"かえのきかない女"にはまだまだですが、自分が少なくとも椅子(席)を譲れる女で

あったことにホッとした帰路でした。ははは

 

 

今日は金曜日、どうぞ楽しく安全な家路を〜!

 

メルマガ219号コラムより「名刺は何を語るのか」

  • 2018.06.09 Saturday
  • 10:11

配信日:June 8, 2018

 

 

『名刺は何を語るのか』

 

 

この度、名刺を新しくしました。

12年前に個人事業主となってから、これで4バージョン目でしょうか・・・

 

私の仕事を心からサポートしてくれる友人達に作ってもらった大好きな名刺と別れるのは、

自分の一部を捨てるような置き去りにするような淋しく心もとない感覚がありますが、

自分の成長と共に表現したいことも変わってくるので、そこは仕方がありません。

 

この度の名刺はオンラインで見つけた方に作っていただいたのですが、デザインするにあたり、

彼女からコーチングのような質問がいくつも飛んできたのでびっくりしました。

 

印象に残っているものとしては、

 

・あなたが名刺で表現したいことを3つのキーワードで表現すると?

・それを全部で100とすると、それぞれのキーワードはどれくらいの割合?

・1年後、3年後、5年後のありたい姿を具体的に表現すると?

・誰に渡しますか?

・絶対にこだわりたい/避けたいことは(色、フォント、雰囲気)?

 

などなど。

 

これらの質問に答えていくうちに、

 

・その名刺を誰にどんなシチュエーションで渡したいのだろう?

・私の何を一番知ってほしいのだろう?

・あの小さなカードから何が伝わると良いのか?

 

と名刺を渡しているリアルな場面を描くことができ、自分の次のステージへの思いと、

そこにいる姿が明確になったのには驚きました。

 

 

で。でき上がったデザインは・・・表は思いきって「自分の名前だけ」に。

ドキドキしましたが、今の私の仕事はコーチ、コンサル、ファシリテーターetc.

シンプルに表すことが難しく、また提供するものも”小林久美感満載”なので説明文が

必要となってくるため(笑)、肩書だけでは上手く伝わらないナと判断したからです。

 

自分の名前だけで勝負、の時が来たな・・・とハラを括りました(ひえ〜)。

 

そしてまずは仕事仲間に渡してみると、、、

 

「田中角栄みたいですね」とコメントがあったり(筆書き&名前だけの名刺だったとか)

「銀座のママみたいだね」と言われたり(どうせなら、"祇園のママ"の方が嬉しいが)

 

揶揄されたり、ほおっという表情が待っていたりで、私としてはミッション達成。

望んでいた"プロフェッショナル・内面の一致感・遊びゴコロ" は伝わった模様です。

 

 

これを読んで下さっている多くの方は、企業ロゴの入った定型の名刺をお持ちかも

しれませんね。

 

でも!もしも個人名の名刺を作るとしたら…あなたはどんな名刺を作るのでしょう?

 

上記の問いに答えつつ、白紙につらつら書き出してみてみると、伝えたい姿や

ありたい姿が見えてくるかもしれません。

メルマガ218号コラムより「あなたのクリプトナイトは?」

  • 2018.05.25 Friday
  • 22:42

配信日:May 25, 2018

 

 

『あなたのクリプトナイトは?』

 

 

先週、たまに一緒に仕事をするアメリカ人コンサルとミーティングをした時に、

面白いけれど、とても心に残る質問をされました。

 

「スーパーマンはスーパーパワーを持っているけど、クリプトナイトという岩には

 弱いのよね、あなたのクリプトナイトは何?」と、、、

 

どんな状況、

どんな人、

どんな出来事、

どんな考え方、

 

などなど、あなたの持つ力を弱らせる(枯れさせる)ものはなんだろう?

という質問でした。いきなり深い質問をしてくるもんです(笑)

 

で、私の反応は、「すぐに思いつかない〜!」

元々ポジティブ思考の強い私なんかがコーチをやっていると、やたらポジティブな面、

前向きなことを考えるのが癖になっているな、これはいかんな・・・と反省しました。

 

で、そのあと一人で考え続けたところ・・・

 

2歳半年下の妹が生まれた時に、それまで両親・祖父母・祖祖母の愛情を一身に受けて

いた自分へのアテンションが一気に赤ちゃんに行ったような気持ちになり、今思えば

アテンションを突然無くして、とても心もとない寂しい気持ちになったのを思い出しました。

 

このことを書くことすら実は心が痛いというか恥ずかしいのですが、今でもそのような

気持ちになることがあり、そうなると心の中で色々な思考と感情がすごい勢いで渦巻く

ような感じになります。さすがにこの歳になるとそうそうないのですが、やはり、

そんな風になる自分は時にいて・・・

 

そしてしばらくその感情に浸っていると次第に冷静になり、そのこと全体を受け入れられる

ようになるのですね、私の場合。理性が戻ってくるというか、視界が元に戻るというか。

 

では私のクリプトナイトは何?と問われると、まだしっかりした言葉になっておらず、

模索中・・・嫉妬の心?いや、なんかそれは平坦・・・

 

もしかしたら、

 

急に自分の周りから人がいなくなったような寂しさを感じた時” かもしれません。

 

ではいつ寂しさを感じるのか?

 

必要とされていないと感じてしまった時、誤解を受けた時、大切な人と何かが通じない時、

などなど、私の寂しさのトリガーになるものはいくつかあるようです。

 

 

---誰にでもクリプトナイトは存在しますよね。そこには正解不正解はなく、善も悪もなく。

 

 

少しドキドキしながら、自分をわかるために考え続けてみようと思います。

 

メルマガ217号コラムより「お辞儀で考えた」

  • 2018.05.12 Saturday
  • 11:13

配信日:May 9, 2018

 

 

『お辞儀で考えた』

 

私は2週間に3回くらいのペースで泳いでいるのですが、先日のこと。

ひと泳ぎした後にプールの入り口にあるベンチで一休憩していたら、60代後半

の男性が中から出てこられました。見るともなくその姿を見ていたのですが、その方、

玄関の外に出る直前に振り返り、プールのある方に向かってそれは美しいお辞儀を

して出て行かれました。

 

・・・その姿の自然で素敵だったこと!

おそらく、大切な場所に敬意を払われる心をその方から感じたからでしょう。

 

そういう人々の姿を見るたびに「ああ、ここはお辞儀という美しい所作のある国だなぁ」

と思うのです。

 

 

話は変わりますが、4月初めに遅い春休みをいただき家族と温泉に行ったときのこと。

うちはお茶よりもやたらと水を飲む家族なので、夜の懐石料理の時に水の入ったピッチャー

をお願いしたところ、翌朝の朝食の時にも、別の御給仕の方がさりげなくピッチャーを

持って来てくださったのにはちょっと感動しました。「あの家族は沢山お水を飲むから」

と、前の方が申し渡しをしてくださったのでしょう(笑)

 

っとここまで書いて思い出したのは、前にも同じ宿に泊まった時に「納豆醤油」という

ものが出てきたので珍しく感じ作り方を聞いたところ、食事が終わる頃に、可愛いイラスト

つきでその作り方が書かれたカードをいただいたのでした。

 

今や「おもてなし」という言葉が巷を踊っていますが、こういうさりげない心遣いこそが、

本当のあり方なのだろうなあ…と感じた出来事でした。

 

「どうすれば、お客さんに喜んでもらえるだろう?」

「自分はどんな風に喜んでもらいたいのか?」

「もてなすとは?」

 

と、”自分で考える” という教育をされている旅館なのだろうと感じました。

 

 

常日頃から考えたり心に思っていることは無意識のうちに出てしまいがち。

 

自分は何をどう考え、どうありたいのか。

 

 

付け焼き刃ではない所作や行動を起こせる人になりたいなアと思う今日この頃です。

 

 

メルマガ216号コラムより『寝ていますか?』

  • 2018.04.28 Saturday
  • 10:04

配信日:April 27, 2018

 

 

『寝ていますか?』

 

 

先日、睡眠と生産性を研究している方のデータ結果をお聞きする機会がありました。

 

それによると・・・

 

 人の生産性が右肩上がりで伸びるのは「起床時間から13時間」まで!

 14時間を超えた瞬間に「車を酒気帯び状態」で運転している判断力(生産性)に!

 17時間を超えると「車を完全に酔っ払い状態」で運転している判断力(生産性)に!

 

なるとのこと。

 

朝6時に起きる方だと、19時までOK!で、それ以降はお酒が入っていなくても入った

ような力しか出なくなるということで・・・汗

思わずその場にいた方々から「おおおー」とか「えっっ」「やばっ」といった、ため息

どよめきが起きました。皆さん思うところあり、なのでしょう。

 

先日娘の部屋にある日めくりカレンダーを見ていたら、「睡眠時間を削らない勇気」

というのがありましたが(笑)、世の中の皆さんは標語になってしまう位、睡眠時間を

取られていないのか…と寝るのが大好きな私は別の意味で驚いてしまいました(因みに

私は朝寝坊できると損した、ではなく、得した!と感じるタイプ笑)。

 

 

これってどういうことなのか、とコーチ的に考えてみると。

 

 『あなたは何を大切にしていますか?』

 

という問いに行き当たるのかな、と思いました。

 

 仕事、

 家族、

 家事、

 携帯時間、

 通勤距離、

 交友関係、

 上司、

 お金・・・

 

"自分"は上記のどこに入るのでしょう(もしくは入っているのだろうか)?

 

そして、優先順位は・・・?

 

もちろん人生における立場(地位)や年齢によって、私もロクに寝られない時期は

ありましたし、どうしようもない外敵要因はありますよね。別に寝ることだけが

自分を大切にしていることに繋がる訳ではありませんが、忙しい毎日の中で、

 

 「自分はどれくらい自分を大切にしているだろう?」

 

と少し立ち止まって考えてみる必要があるな、と思えた講義でした。

 

 

・・・さて皆さんは十分寝ておられるでしょうか?

 

メルマガ215号「新年度な時間」

  • 2018.04.14 Saturday
  • 16:30

配信日:April 13, 2018

 

 

『新年度な時間』

 

桜も終わり、新年度がスタートしましたね。

皆さま、いかがおすごしでしょうか?

 

個人事業主の私は特に新年度という感覚はないのですが(確定申告が終わった時ぐらい)、

周りの状況を観察していて「ああ、新年度が始まったな〜」と思うことが多々あります。

 

先日の大阪出張で、御堂筋線の通勤ラッシュに揉まれながら乗っていたら、丸の内OL風の

綺麗な20代の女性二人が背広の方々に思いっきり押し込まれつつ乗ってこられました。

そしてロングの巻き髪の方が・・・

 

 うわっ、なにこれっ

 痛い、いたい、イタイ〜〜〜

 

と騒ぐ。まあ、ここまでは東京でもなきにしもあらず。で、次に・・・

 

 こんなめっちゃ混むなんて、いまの私は一本足のフラミンゴ状態です!

 電車の床に対して私のカラダは垂直でない!

 

と大きな声でもう一人に向かって?あるいは誰に向かってかのたまわれ、、、

すぐ隣にいた私は下を向いてお腹を抱えてしまいました(朝からやってくれはるわ〜)。

そしてある意味、とても新鮮な体験でもありました。ははは

 

これから社会の荒波に揉まれていく新入社員の皆さん、くじけず頑張ってー!

と私も大声でお返ししたくなった楽しい満員電車時間でした。

 

 

新年度・・・皆さんはどんな一年にしていきたいですか?

 

 

これからが、私が一年で一番好きな新緑の季節。

 

煮詰まりそうになったときには空を緑を見上げ、"丁寧に深く切り込む"で頑張ります。

 

メルマガ214号「自分を信じるって言うけれど・・・」

  • 2018.03.24 Saturday
  • 11:10

配信日:March 23, 2018

 

 

『自分を信じるって言うけれど・・・』

 

 

冬季オリンピック&パラリンピックで、競技後の選手たちが口々に、

 

 「自分を信じてやりました」

 

と語っていたのを聞かれた方も多いのではないでしょうか?

 

自分を信じる・・・普段の生活でもよく聞いたり、皆さんも使われる言葉かも知れませんね。

 

部活でスポーツなどをやっていた方には馴染み深いことなのかもしれませんが、英語クラブ

育ちの私(笑)にはイマイチ掴みどころがなく、いいなあ…どういう感じなんだろう?

頭ではわかるけど感覚的に腹でわかれない...と実はずっと思っていました。

 

 

私がやっている講師という仕事は、人の前に8〜10時間自分を晒しながら、その場を

最上の場に織り上げていくというミッションがあります。相手は人というナマモノなので、

同じ内容を用意していても違うメンバーでやると全く予想外の声があったり、漂う空気や

質問や感情の出どころが大きく違ったり・・・とライブ感満載。

 

しかも、

 

 全く初めての業界、

 初めての企業、

 企業でも初めての取り組み、

 スキルではなく意識変容というソフトな内容の研修を初めて受けるメンバー

 初めてやるコンテンツ

 

と初めて尽くしの時は私も事務局もかなーり緊張するわけですが、先日のこと、

その緊張する中で過去に一番大変に感じた仕事のことを思い出しました。そして、

 

「ここまで色々乗り越えてこられて、こうやってご指名をいただけているのだから

 私はなんとかするし、できるでしょう」

 

「もうあとはいつも通りにやるだけ」

 

気づけばそう自分に言っている自分に気づいたのです。

 

 ああ、自分を信じるという感覚はこれか〜〜! 

 "私はなんとかするしできる" と緊張と不安の中でも思えることかー!と。

 

 

コーチや講師の仕事をやり始めて十数年ですが、その中には成功もあれば大失敗も

沢山あって。文字どおり身体も脳も脂汗&冷や汗、心臓バクバクでやってきた、

そして最近になってようやく"ここまで来られた自分を信じてやる" ことが、

ほんの少しできるようになったのだ...と感じています。

 

 

一つの物事に対してマスターレベルになるには10000時間そのことをやり続ける

必要があるという定説があります。そしてそのマスター達でさえ研鑽を続けねば、

腕は徐々に錆びるので、プロアスリートのように粛々と練習の日々を続けていく。

おそらく"自信"というものには、天井はないのでしょうね。

 

 

私もまだまだ途上、夜中に緊張で "はっ!"と飛び起きないようなレベルには

いつなれるのでしょうか・・・(笑)

 

高みを目指して、一緒に頑張りましょう!

 

 

メルマガ213号「失敗について」

  • 2018.03.10 Saturday
  • 12:09

配信日:March 9, 2018

 

 

『失敗について』

 

先日あるSF映画を見ていたら、地中の奥深くに潜っていく探査船の若い女性船長に、

熟練の副船長が語ったセリフが心に残りました。

 

 「君は本当に優秀でここまで実力でやってきた。

  ただ、失敗を知らない。

  失敗を知らない内は、本物のリーダーにはなれないんだ・・・」

 

と。まあ、若い女性に船長の座を奪われたやっかみもあったのかもしれませんが(笑)、

確かに〜と唸ってしまいました。

 

 

失敗は誰でも怖いし嫌なもの。できれば避けて通りたいし、忘れたいものかも

しれません。私にも沢山の失敗があり、今でも思い出すとウッと胸が痛んだり、

脳みそが一瞬オーバーヒートしそうになったり・・・します。時にはないことに

しようと必死でもがいたり・・・ははは。でも自分の中に記憶は残るのですよね。

 

 

最近は仕事を通して、部長や役員の方々との関わりが多くなってきました。

「ああ、この方はそこはかとない余裕があって素敵な方(人間)だなあ〜」

と感じて話してみれば、過去にかなり大きく手痛い失敗を乗り越えてきた方が

多いことに気づきます。当時を話される内にうっすらと涙ぐまれることもあり、

そんな時は聞きながら背筋が伸びます。

 

そしてこういう方々に共通点があるとするならば・・・命を削るようにして頑張り、

「自分よりもずっと大きい何か」を見ておられるということでしょうか。

 

だから、こちらは失敗が失敗に全く聞こないという、不思議な感覚に陥ります。

言葉の一つ一つが重みを持って響いてくる…その失敗の裏にはおそらく血の滲む

ような努力や深い思考、何よりもその時の覚悟が伝わってくるからだと思います。

 

 

失敗は悪いこと

失敗は邪魔なこと

失敗は恥ずかしいこと

 

 

・・・本当にそうでしょうか?

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM