メルマガ278号コラムより『木を見る』

  • 2020.09.26 Saturday
  • 10:42

配信日:September 25, 2020


『木を見る』

目の前の細かいことに気を取られて全体を見失っているときに『木を見て森を見ず』と言いますが、夏休み中にふと気づいたことがありました。3月頃から日本がコロナに覆われてからというもの、私は『森』ばかりを見ていた気がしたのです。

社会はいったいどうなっていくのだろう
私の仕事自体どのように変化していくのだろう
我が家にとって重要課題の日米関係は、、、

・・・全体像を何とか掴もうと『森』ばかりに。

このことを友人に話すと深く同意してくれ「今はその森自体が動いてる。いったいどこに行くのかわからない状態」という答えが返ってきてハッとしました。

コーチングでは『live in the now - 今いるココをしっかり生きることが大切』という考え方がありますが、私はまだ来てもいない未来をソワソワ生きることに気を取られ過ぎて、”今日”をちゃんと味わえていなかったのではないか?と思いました。

そうなった言い訳は山のようにあるけれど、半年ほど地面から足が数センチ浮いているような、文字通り森の中で迷子になっているような心もとない感覚だったのですね...

『森を見て木を見ず』───。


これに気づいてからは、わからないことではなく、この手に持っていること・わかっていることにちゃんとフォーカスして、それらを日々丁寧にこなしていくということを心がけています。その積み重ねが私の森をつくっていくことに繋がるから。


足元と全景のバランスって大切ですね!
 

メルマガ277号コラムより『過去と未来のあいだで』

  • 2020.09.12 Saturday
  • 10:17

配信日:September 11, 2020


『過去と未来のあいだで』

残暑お見舞い申し上げます。
みなさま、お久しぶりです!暑かった8月、元気でお過ごしでしたでしょうか?

私の方は再三の計画も虚しく、コロナを考えて結局高齢の母がいる京都にも帰省せず(涙)。考えてみれば2005年に帰国してから、遠距離移動のない初めての夏を東京郊外の自宅で過ごしました。最初は多少の違和感があったものの、移動のないぶんゆっくり時間が流れたのも事実。

そして京都に帰れない気持ちからか、テレビではやたら京都関連のドキュメンタリーに目が行き『老舗料亭の代替わり』とか『京都の密かなXXX』などの番組をたくさん観た8月でもありました(笑)

中でもこの『代替わり』の番組は非常に興味深いものがありました。400年続いたのれんを息子に託す時期を模索する父、そのバトンを自分なりに受け継ごうともがく息子の姿は、オーナー会社の2代目、3代目社長への承継にも似たものがありました。

別の料亭の後継ぎ息子は「親の七光りと言われますが、自分は1段目からではなく7段目から階段を上がれるんだと考えています。8段目から自分の力であがっていく中で、"これがこの店の料理”と言ってもらえるものを見つけていけば良いと思う...」と、28年後にやってくるその店の100年目を見据えて話していたのも心に残りました。すごい世界ですよね。こうやって伝統に息づく革新は起こっていくのだと感じました。

・・・考えてみれば、私たちは皆んな過去と未来の “接点“を生きているのですね。この接点でやることが未来を形作っていく。


今年も残り4ヶ月。前半は仕事の延期が続いて不安になったり迷いが生じたりもしましたが、私はここから一気に巻き返す予定です(今のような状況でご依頼をいただけるのは本当にありがたいこと、と心から感謝しつつ☆)。

そしてそんなときこそ、「DO」ではなく「BE」〜自分の状態やあり方〜を大切にしながら取り組んでいこうと思っています。

後半も一緒に頑張りましょう!




 

メルマガ276号コラムより『今年前半を振り返る』

  • 2020.07.24 Friday
  • 10:45

配信日:July 24, 2020


『今年前半を振り返って』

コロナで社会が大きな揺さぶりを受け始めて半年が経ちました。

この4連休、皆さんはどんな風にどんな気持ちで過ごされていますか?


私の半年を振り返ってみると、、、

3月中旬までは割と普通の生活ができていて、3月末に夫がアメリカから帰国 
4月、5月は世の中が騒然とする中、仕事の延期やオンライン対応開始でバタバタ、不安...

6月は「やっと大丈夫になりそう」と思い、そろそろと外へ動きはじめるも
7月末にまたもや自粛
8月恒例の渡米はなし

こうやって書き出すだけでも、どれだけ生活が振り回されてきたことかと思います。

9月にアメリカの大学に進学予定だった娘も、このタイミングでの渡米は我慢するという決心をつい先日しました。親としては心底ホッとしましたが、「海外に飛び出したい!」という気持ちは痛いほどわかるのでとても複雑な心境ではあります。

もちろんマイナスばかりではなくプラスのことも沢山ありました...皆さんも同様に感じておられるのではないでしょうか。

いったい私たちはこの状況から何を得ているのでしょう?

視点をずっと10年先に移した問いを投げてみますので、よかったら連休中に考えてみてくださいね


10年後あなたは何歳ですか?

周りの大切な方は何歳でしょう?

その時あなたは何をやっていますか・・・苦しいこと、楽しいことは?

最近できるようになったことは?

手放すべきこと、手放すべきでないことは?

何に一番、幸せを感じていますか?

そこから始まるワクワクの挑戦は?


そして、


そこから10年前の自分(2020年7月)にどんな声をかけますか?

コロナによって、あなたは何を得たのでしょう?

次の一歩はなんですか?



・・・どんな自分、コトが見えたでしょうか。



私は苦手な分野の本も沢山読んで学んで、よく寝て(笑)、
エネルギーチャージの夏!にしたいと思います。


8月はメルマガも夏休みをいただきます。

皆さま、どうぞ安全で楽しい夏をお過ごしください

275号メルマガコラムより『冷静になる』

  • 2020.07.11 Saturday
  • 09:52

配信日:July 10, 2020


『冷静でいる』

去年から初めた月曜日の朝ヨガ、コロナで対面からzoomレッスンとなり、私にはとてもありがたい時間となっています。初心者対象&少人数でポーズも穏やかでゆっくり進むのと、ヨガの先生が使われる言葉のチョイスが面白くて私にはすうっと入ってきます。きっと相性が良いのでしょう。

先日、ん?と思った表現がありました。

ポーズのひとつに『背中で手を組みそのまま前かがみになり胸と膝を合わせ、足と組んだ手を伸ばしてしばし静止、またゆっくりと身体を起こし組んだ腕をほどいて上にあげる』というのがあります。

そのポーズをやったときに先生が、

「頭に上った血がどんどん下におりていくのを、冷静に受け止めてください」

「・・・?」

はて、今まで身体の中に起こっていることを「冷静に」受け止めたことなどあっただろうか?冷静になるって?とその瞬間、思いました。

これまで、指を切ったと言っては慌てふためき、咳がとまらない!と言ってはバタバタお医者に行って...など沢山してきましたが、その時々に身体の中で起こっていることを「冷静に」感じて考えて動いてきたか?・・・あまりありません。


何が言いたいかというと、身体の中で起きていることに「冷静でいて」と言われると、あんがい冷静になれる!そうすると、その状態をちゃんと「俯瞰」できて自分の身体が愛おしく感謝の気持ちすら湧いてくるのです。「おー、血が巡ってる」「頭がすうっとしてきた」「ありがとね・・・」と。


お恥ずかしながら、私は感情の振り幅が大きく、よく大声で笑ったりわちゃわちゃしたりポロポロ泣いたりします。それはそれで溜めないので良いと思っているのですが、これからは「いざ!」という時のために、自分の身体に対しての冷静さもちゃんと発動できるようになりたいナと思いました。

このヨガ時間を通して、体幹と同じくらい身体への感覚も鍛えていきたいなあと思っています☆



 

メルマガ274号コラムより『こんなニューノーマルも』

  • 2020.06.28 Sunday
  • 10:25

配信日:June 26, 2020


『こんなニューノーマルも』


東京は梅雨入りと同時にうす寒い日もあったりと、落ち着かない天気が続いています。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルスがもたらした“ニューノーマル”、皆さんの周りではどんなことが起きているのでしょう?

少しはすいた電車に乗れるようになった
社員食堂で、人と対面で話しながら食べるということがなくなった
子供のお昼を、平日でも家で用意しなければならなくなった
好きなミュージシャンの演奏やコンサートは全て画面越しになった
マスクもスカーフやネクタイのように、ファッションの一部になった、、、


私の方はと言えば、集合型のワークショップはオンライン化を希望されたり、対面&非対面両方を入れるハイブリッド式になったり、いえいえマスク着用の対面でと、さまざまな企業の方針に合わせて“これまでの居心地よかった自分の枠から出る!”というチャレンジをいただいてます。

対面のケースでは、「え、マスク着用で1日、深い対話をし続ける?そんなことができるのか!?」と悩み考えた末、私はパン屋さんなどが使っている口元だけの透明シールドを着用することにしました。もちろん参加者の皆さんも同じシールド状態で。これで互いの表情がしっかり読めるので安心です。

・・・半年前には考えられなかった私のニューノーマルに挑戦です!


ソーシャルディスタンスは感染しない・広げないために大切。

でも、

心のディスタンスはとらない。


そんな仕事をしていきたいと思っています。


 

メルマガ273号コラムより「繋がれてきたこと」

  • 2020.06.26 Friday
  • 15:25

June 12, 2020

 

 

『繋がれてきたこと』

 

 

全国的に緊急事態宣言が解除され、東京もゆるゆると日常が戻ってきました。

皆さま、お住まいの地域はいかがですか?

ご自身や大切な周りの方々はお元気でしょうか?

 

 

以前、私は犬好きだ!ドキュメンタリーを観るのが好きだ!という話を書いたことがありますが、最近観た番組でちょっと心が震えた話を、、、

 

1925年のアラスカ、ノームという氷の雪原に覆われた街でジフテリアが大流行したことがあったそうで、血清をとどけるにも電車が通っているのは街から1000キロ離れた場所まで。その時に、シベリアンハスキーのソリ隊がいくつものチームになって待機、バトンを次々に渡しながら1000キロの行程を駆け抜けて血清を届け、街が救われたことがあったそうです。アメリカ全土がそのニュースに沸き、のちに一番過酷な箇所を走り抜けたソリ隊のリーダー犬の銅像が街中に建てられたそうです。

 

雪原の中を前のめりになって走るハスキー犬の姿が映し出された時には「ありがとう」という言葉しか浮かんできませんでした(今もこれを書きながら目が潤んでくる...)。

 

私はアラスカに地縁は全くないのですが、こうやって人の歴史は色々な助けを得ながら紡がれてきたのだ...と感じました。

 

犬にしてみれば「なんでこんな過酷でしんどい道をいつまでも走らされるのか...お腹すいたー」という気持ちだったのかもしれませんが、ソリ隊を誘導・指示していくマッシャーと呼ばれる人間と犬たちの信頼関係なしには成し得なかった偉業だと思いました。

 

 

話を今に戻すと。

 

今回私たちが体験してきた新型コロナは近い将来、子供達の社会科の教科書に載ることになるでしょう。私たちがおじいちゃん、おばあちゃんになった時、近所の子や孫たちに「どんな時代だったの?どんな風に生活してたの?」と聞かれることもあるかもしれません。

 

 

そんな問いかけが来たら、、、あなたは、なんと答えるのでしょう?

 

 

私は「自分と大切な人たちを強く繋げることを頑張ったよ。淋しさや不安を感じながら強く生き抜いたよ」と言えたらいいなあと思っています。そして、ソリ隊の犬たちに顔向けのできないようなことはしない!とも。

 

 

メルマガ272号コラムより『虎模様』

  • 2020.05.23 Saturday
  • 11:10

配信日:May 22, 2020


『虎模様』


先日、テレビでワイルドライフ系の番組を見ていたら面白いことを言っていました。

なんと・・・

虎の毛を剃ってみたところ、皮膚にもトラの縞模様がついていた!のだそう。

立派な毛を剃られて威厳のなくなってしまった虎を想像し、少し可哀想になりつつ笑ってしまったのですが、これは中々に奥深い、、、と思いました。


いま木で小さな食器をつくることにハマっていると前回書きましたが、素敵な写真にひかれて買った本の中にも、

 りんごの枝をけずるとほんのりりんごの香りがして、むいたりんごが変色していくように、
 削りカスはどんどんオレンジ色になっていく。桃の枝は削っても少し表面が毛羽立っていて、
 まるで桃の皮と同じ風合いなのだ

とありました。


正に英語で言うところの『Who You Are』(あなたは何者であるのか)-- むいてもむいても、
生来与えられた深い部分にある本質はそう変わらない、ということを自然が教えてくれているのかもしれません。

 なんで自分はいつも〜なんだろう?
 いつもいつも〜に惹かれるのはどうしてだろう?
 なんでXXさんみたいになれないんだろう?


そんな思考が生まれた時はチャンスです。

それらの考えを合わせ鏡にして、自分はどんな『人』であるのか、、、じっくり考えてみると、少し自分のパターンが見えて腹を括れるかもしれません☆

ちなみに私は「なんで私は専業主婦にならなかったんだろう?」と考えることがありますが、そこの鏡に映る姿からは「ならないんじゃなくてなれない、でしょ。家族も入ってこない、独立した世界が必要な人間なんだから・・・」という声が聞こえてきます。


っというわけで、これからもこんな小林久美でゆくしかないのだ、と腹を括り直すことにします!ははは

 

メルマガ271号コラムより『ゾーンに入る!』

  • 2020.05.09 Saturday
  • 10:00

配信日:May 8, 2020


『ゾーンに入る!』


みなさま、ゴールデンウィークはどのような時間だったでしょうか?
今週末まで、まだまだお休み〜の方もおられますよね!

私も外に出向く仕事がないのをこれ幸いと、仕事の本を5冊積み上げながら、もっぱら手にするのはミステリー本...な毎日でした(笑)

そして、

前回のメルマガの最後に「苦手だけど興味のあることに挑戦する!」と書いたことが心に残っていて、挑戦してみました・・・ずっと興味のあった木彫りに。

私はいわゆる緻密さや正確さが求められることが苦手で、

 ごまかしのきかない裁縫よりは解くことができる編み物、
 材料をきっちり計らないといけないお菓子作りよりはパン焼き、
 毎月の収支の計算(特にレシートの整理)よりは画像入りのパワポ作成、

の方が好きで(上手いかどうかは別問題)、木彫りという四角い板から何かを綺麗に掘り出すことなんてできるのだろうか、、、とおそるおそるの挑戦でした。

で、とりあえずはシンプルな木のスプーンをつくってみたら・・・指を2箇所も切ってしまいましたが(痛い〜涙)、予想通りのものが「できた!」のが嬉しくて嬉しくて。・・・できあがりは少し歪んでいたりするのだけど、そこはご愛嬌。

デザインはもちろんのこと、左右上下のバランスや使い勝手など、小さい物ながらも色々と先を見ながら削っていくところも面白く感じました。そして何より彫刻刀で細かい部分を彫り出していく時の「カリッ コリッ」という木肌の感触と音がなんとも心地良くて、いつしかコーチングで言うところの”ゾーン状態”に。

思えば、2月頃からどこにいて何をやって誰と会っていてもコロナの話が常に出てくる緊張続きの毎日で、数ヶ月ぶりに『何も考えない、目の前のことだけに心身を集中させる時間』を得、とてもスッキリした気分になったのには驚きでした。

現実で起こっていることを考えないようにするには、映画やドラマを観る、本を読むなどもありますが、それらは私にとってはどちらかというと受け身というか誰かがつくったものを与えていただく行為。木を彫るのは自分から能動的に手と頭を動かして取り組む行為。

その違いが“ゾーン”に連れて行ってくれたのかナ...と感じました。


いつか小さい仏像を彫ってみたい!などと壮大なことを妄想していますが、さてさて、次は何を彫ろうかな〜ウキキ☆



 

メルマガ270号コラムより『今だからの問い』

  • 2020.04.24 Friday
  • 11:30

配信日:April 24, 2020


『今だからの問い』


皆様、その後いかがお過ごしでしょうか・・・?
 
緊急事態宣言が全国に出され、行動範囲も極端に小さくなっている今だからこそ、私が発信できることってなんだろう?と考え続けています。人として、コーチとして。

そんな中、ツラツラと自分の本棚を眺めていて目に止まったのが「セキュアベース・リーダーシップ」という本(プレジデント社刊)。ずいぶん前にも一度ご紹介したことがありますが、「人間性を意識すること」を大切にしている本なので再度ご紹介したくなりました。

*セキュアベース=守られているという感覚と安心感を与え、思いやりを示すと同時に、ものごとに挑み、冒険し、リスクをとり、挑戦を求める意欲とエネルギーの源となる人物、場所、あるいは目標や目的。(本著抜粋)


本のタイトルがカタカナなので何やら難しく考えてしまいそうですが、著者達が書いていることを問いに変えてみますので、もし良かったら考えてみてくださいね〜!

・あなたは冷静ですか?(非常事態に頭と心を”ハイジャック”されていませんか?)
・自分への「思いやり」を持てていますか?(→他者へも?)
・自分に「挑戦」していますか?(→他者へも?)
・自分にとっての「セキュアベース(基盤、土台、安全基地...)」って何ですか?(人物・場所・信念・体験・目標など)
・あなたは、誰かにとってその「セキュアベース」になれていますか?
・喪失したものについて悲しいと感じ、自分なりにプロセスできていますか?
・深い対話を誰かとしていますか?
・あなたの成功と失敗のパターン(要因)は何ですか?
・ポジティブなことに「心の目」を使えていますか?
・「人中心」で活動していますか?(数値目標、金銭面、業務面だけではなく)
・自分・チーム・組織の「人間性」は高められていますか?


私個人は、今の状況下では「悲しめているか?」という問いが心に響いています。

先日のこと。
1月から参加している継続セミナーでコーチングをしてもらうチャンスがあり、その対話の中で、

 「仕事を通して人と深く関われる対面の機会が全て延期になって、とても淋しい...」

と自分の深いところから出てきた言葉にハッとしました。

私は大丈夫!と思いつつも、「ああ、自分は"淋しい"と感じていたんだ...」と認識しました。悲しいとか不安...ではなく淋しいと。口にしてもその淋しさは消えませんが、事実とその裏にある感情を受け入れることができた体験でした。

私は、(おそらくサバイバル本能として)こういう状況下ではネガティブな感情をスキップする傾向があるのですが、ちゃんと自分で言葉にできたことで、自分なりのペースでいつもの自分に戻るだろう...と思っています。


そしてそんな自分をホールドしながら、外に出られない異例のゴールデンウイークは、、、

美味しいパンを焼く!編みかけのものを終わらせる!好きな映画と本に浸る!たっぷり歩く&ヨガをする!苦手だけど興味のあることに挑戦する!気のおけない仲間とのオンライン飲みを楽しむ!(笑)

で、ポジティブなことに目を向けようと思っています。


...ドキッとしたり心に響く問いがあれば是非、行動に移してみてくださいね☆



 

メルマガ269号コラムより『ジャスミンの声』

  • 2020.04.13 Monday
  • 13:58

April 10, 2020


『ジャスミンの声』


私は花や植物が好きなくせに育てるのが下手くそで、申し訳なくもどれほどの鉢植えをダメにしてきたことか、、、

...にも懲りず。先日、長くいた北カリフォルニアの青い空を思い出す植物、ジャスミンの鉢植えを買ってきました。旺盛な蔓の伸びと小さくて良い香りがする白い花のコンビネーションが大好きで。

ウキウキしながら水やりをしていたら数週間後、どうみても葉っぱの力がなくなっていることに気づきました。パンッと張っていた歯が内巻きになりつつあり「もうアカンねん...」と言っているかのよう。

そこで思い出したのが、生前畑仕事が好きだった父の言葉。

 「トマトには水はやらん。
  そうすると水を探して土中に根がはり、良い実がなる」


そうです、水をやり過ぎていて根腐れする寸前だったのです。ガ〜〜〜ン
慌てて日当たりの良いベランダに出して”干す”こと数日、見事に蘇ってくれました〜!

 「だいぶ遅かったけど、まあ気がついてくれておおきに」
 「溺れるかとおもた、、、」
 「過保護はもうやめてなー」

とジャスミンに言われたような気がしました(汗)


以前、「植物を育てるのは子供を育てるのと同じこと、自分のやることが全部かえってくるのよ...」と耳の痛いことを友人が言っていたのもついでに思い出しました。


どうかこのジャスミンが再びたくさんの花をつける頃には、今の大変な状況が良くなっていますように。

自分にできること、自分や周りを楽しませること、を模索する日々。


皆さんもどうか健康第一で!


 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM