メルマガ229号:コラムより「思考と視界」

  • 2018.12.15 Saturday
  • 13:29

配信日:December 14, 2018

 

 

『思考と視界』

 

 

私は企業向け新入社員へのワークショップはほとんどないので春はうららか〜に

過ごせるのですが(笑)、秋は本当にありがたいことに、そうはまいりません。

 

娘も大きくなったと言っても毎日のお弁当が必要な高校生で妻やママ友の顔、

生活空間にこだわりの強い人間として家を整えておきたい気持ちもある中、

ピンで仕事をし。多い時は5つくらいの”役割の帽子”を(自ら)かぶって

生活をしています。

 

そんな状態で9月、10月、11月・・・と走り続けていた先日、とうとう

やってしまいました。プライベートでの約束に堂々1時間の遅刻!いつの間にか

私の中で「11時着」が「11時発」にすり替わっていたのでした(ありえへん!)

そして、それを笑って許してくれた友人に"絶対ランチはご馳走しよう"と心で固く

誓ったのに、それすら忘れて帰宅したという。トホホ〜

 

そして2回目のやってしまった...が。

その企業訪問では普段乗り慣れない「ひかり」に乗車(いつもは「のぞみ」)。

降車すべき駅名を頭に入れていたつもりが、なんと一駅前でするっと下車し改札を

出てしまったのでした!ローカル線ではないので、その一駅のためのロス40分。

幸いにも、かなり時間に余裕を持って動いていたので事なきを得たのですが、

本当にあの時は冷や汗が出ました。そして大きな駅構内を歩いている人に

大の大人が「ここはどこですか?」と聞くあの恥ずかしい汗も。フハハ〜

 

 

実に、自分のキャパの限界に近づくと思考の幅、視界の幅が狭くなるのを

ひしひしと感じた秋ではありました。

 

あれこれあれこれ考えているので、気づかない、のですね。

 

...とは言いつつ、自分にキャパがあるなんて信じたくない!のが私で。

「自分のキャパを受け入れよう」と虚しく言い聞かせたりしています(笑)

 

 

っとここまで書いて気づいたことがありました。

キャパシティには数種類あるのですよね。

 

私の場合、体力のキャパ上限が近づくと、明らかに脳のシナプスの繋がりが

鈍くなるのがわかります。いつもならパパッとナビで確認して動けるところが、

「待ち合わせの駅はXXで何時にXX」と声に出してその場にいる自分までしっかり

想像しないといけなくなる。それでようやく、"よいしょっ" とシナプスが

繋がる音がするような気がします(笑)

 

そしてもう一つは、仕事で発揮する能力のキャパ。

これは、「生涯、成長&挑戦し続けたい!上限はない!」というのが自分の

信条なので、おそらく変えられないこと。

 

では「体力x信条」のキャパをどのあたりで保持するのがいいのか?

私が本領発揮を続けられるラインはどの辺りなのか?

 

 

残り2週間となった2018年、ゆっくりじっくり腰を据え、来年見据えて

考えようと思います。

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM