メルマガ238号コラムより『世代間ギャップって・・・』

  • 2019.04.27 Saturday
  • 10:00

配信日:April 26, 2019


『世代間ギャップって・・・』


日本の労働人口が先細るなか、ようやく女性や外国人、そして新卒の皆さんなど
これまである意味、”周辺化”されてきた立場の方々がようやく日の目をみられる
時代がやってきた...と感じる今日このごろ。よく最近とりざたされているなあと
感じることに「世代間ギャップ」というのがあります。

「久美さん、組織内の世代間ギャップはどう埋めればいいのでしょう?」
と相談を受けることが多くなってきているのです。


私たちが「明治時代、大正時代」と呼ぶように「昭和時代」と我が昭和(!笑)
を呼ぶ若者たちがいて。気づけば平成が終わり時代は令和へ・・・

私は大学生時代が超バブル期と重なっていて、踊り明かした朝焼けの中、鴨川の
屋台のラーメン食べてから帰宅・・・などやっていた時代もあり、超昭和な父が、
「おまえがわからん...」とよくため息をついていたのを覚えています。ははは

そして今、私の世代が部長クラスになっていて、デジタルネイティブである若者を
見てため息をついている...大げさな言い方ですが、”時代は繰り返す”を目の当たり
にしている感じがあります。

でも、ね。

私の信条から言えば、『人は人』だと思うのです。

生活を取り巻く環境が大きく違うから、色々な物事への価値観が世代で変わるのは
当然のこと。でもその中で生きている『人』ひとりひとりの中には、悲喜こもごも、
紆余曲折、成功と失敗、善と悪、挑戦と挫折・・・があって。

それら人生の出来事から、その人らしい信念や価値観が生まれるのという仕組みには
変わりがないからです。つまり、時代背景が違うので感じ方も感覚も違うけれど、
生きることによって創り出される「その人らしさ」というプロセス自体に変わりはない、
だからそこを拠り所にして、「あなたってどんな人?」と対話をしていけば良いのでは
ないか。


...こんなことを思っていたら、珍しく企業の新入社員研修の仕事を依頼され、先日、
100人の22歳、23歳と1日交わる機会を得ました。

そして思ったことは、
・感覚の違いがあることを認め
・こちらの価値観は、一旦、脇におき
・相手を『人』として見つつ『なぜそうなのか』を知ろうとする

と、ちゃんと通じるし伝わるな、ということでした。

こちらの先入観や思い込みでレンズが曇っていたり色がついていては、何も
見えてきません。

・相手をジャッジする前に、その『人』ありのままの姿に興味を持つ。
・相手が見せてくる“外向きの顏” にはどんな理由があるのだろうと思いを巡らす。


結局のところ、人と人に大切なのは『尊重と信頼』なのではないでしょうか。


...あなたは世代の違う方々と、どんな会話をしていますか?

いつか、令和・平成・昭和の三世代を集めて大きな大きなワイガヤの会を
やってみたいな・・・なんて思う今日この頃です。



 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM