メルマガ244号コラムより『決める時』

  • 2019.07.27 Saturday
  • 10:30

 

*お知らせ*
8月は恒例のアメリカ帰省をしますので、メルマガも夏休みをいただきます。


配信日:July 26, 2019


『決める時』

あなたは、自分に関わる大きなことを決める時、どのように決めていますか?

今年は期せずして、色々と家族や自分に関して決めることを迫られている私。その度に色々と内面を掘り下げて考え、ベストと思われることを決めていくのですが、先日ふと気づいたことがありました。

その一つに、私が今もっている国際コーチ連盟の資格を年末までに更新しなければならず、そのためには40時間の継続学習が必要。何を学習しようか....と迷っていた時に、友人のコーチから「ねえ、マスターレベルの資格に一緒に挑戦しない?」と誘われたのです。これは現存のコーチ資格ではトップレベルで世界共通のもの。私の反応は「そんなの無理無理!今年は今の資格更新でいいよー」でした。

が、数週間の時を経るうちに「もしかしてマスターが取れたら」とか「何をクリアすれば取れるのだろう」などなど色気が芽生え(笑)、
静かに考え始めていた自分に気づきました。そして同時に「いやいや、その険しい道はやめておこう」とか「まだ無理・・・」など否定する声が多く出てきました。

が、更に数週間経つと...「無理かもしれないけど、調べるだけ調べてみよう」と重い腰を上げている自分に気づきました。おそらく、この時点で8割はマスター資格に挑戦することを決めていたように思います。そして昨日、既に申し込んでいた現資格更新のためのワークショップをキャンセルし、次の上級資格に挑戦することを決めたのでした。

・・・こうして振り返ってみると、友人に誘われてから数日後には心の奥底で「やる」ことをうっすら決め、それを前提に色々と考え動いていたように思います。どうせやるなら自分の最高峰を狙え、と常にクライアントさんの背中を押しているコーチとしては自分がやらんでどーする!...ですよね(あー、辛い商売に足を突っ込んだもんだ〜笑)。

それは、「やる」という気持ちが心の奥底にあるなら、そこに到達するための内的プロセスを「心と頭」の間を何度も何度も行き来し、一つずつハードルを超えて着地したような感覚でした。


そして、また別件の「決める」プロセスで気づいたことがあります。この行きつ戻りつの最中に誰かに話し、「ええっ、大丈夫?」などと騒がれたり不安や恐怖心を煽られるような言動があると、私はとても気持ちが揺れ乱れ、その相手に対して腹が立ってくる(笑)。だから、それらを上手くブロックする工夫も大切なのだと。相手の不安が私自身の不安より大きくなってしまうと、そのこと自体がプレッシャーになるのですね。


やるのは自分。

そして、

その結果を受け入れるのも自分ですから、しっかり納得して決めたい。


ということで、この夏はまたまた新しい挑戦に向かう夏、になりそうです。


 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM