メルマガ271号コラムより『ゾーンに入る!』

  • 2020.05.09 Saturday
  • 10:00

配信日:May 8, 2020


『ゾーンに入る!』


みなさま、ゴールデンウィークはどのような時間だったでしょうか?
今週末まで、まだまだお休み〜の方もおられますよね!

私も外に出向く仕事がないのをこれ幸いと、仕事の本を5冊積み上げながら、もっぱら手にするのはミステリー本...な毎日でした(笑)

そして、

前回のメルマガの最後に「苦手だけど興味のあることに挑戦する!」と書いたことが心に残っていて、挑戦してみました・・・ずっと興味のあった木彫りに。

私はいわゆる緻密さや正確さが求められることが苦手で、

 ごまかしのきかない裁縫よりは解くことができる編み物、
 材料をきっちり計らないといけないお菓子作りよりはパン焼き、
 毎月の収支の計算(特にレシートの整理)よりは画像入りのパワポ作成、

の方が好きで(上手いかどうかは別問題)、木彫りという四角い板から何かを綺麗に掘り出すことなんてできるのだろうか、、、とおそるおそるの挑戦でした。

で、とりあえずはシンプルな木のスプーンをつくってみたら・・・指を2箇所も切ってしまいましたが(痛い〜涙)、予想通りのものが「できた!」のが嬉しくて嬉しくて。・・・できあがりは少し歪んでいたりするのだけど、そこはご愛嬌。

デザインはもちろんのこと、左右上下のバランスや使い勝手など、小さい物ながらも色々と先を見ながら削っていくところも面白く感じました。そして何より彫刻刀で細かい部分を彫り出していく時の「カリッ コリッ」という木肌の感触と音がなんとも心地良くて、いつしかコーチングで言うところの”ゾーン状態”に。

思えば、2月頃からどこにいて何をやって誰と会っていてもコロナの話が常に出てくる緊張続きの毎日で、数ヶ月ぶりに『何も考えない、目の前のことだけに心身を集中させる時間』を得、とてもスッキリした気分になったのには驚きでした。

現実で起こっていることを考えないようにするには、映画やドラマを観る、本を読むなどもありますが、それらは私にとってはどちらかというと受け身というか誰かがつくったものを与えていただく行為。木を彫るのは自分から能動的に手と頭を動かして取り組む行為。

その違いが“ゾーン”に連れて行ってくれたのかナ...と感じました。


いつか小さい仏像を彫ってみたい!などと壮大なことを妄想していますが、さてさて、次は何を彫ろうかな〜ウキキ☆



 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM