メルマガ234号:コラムより「必要なこと」

  • 2019.02.22 Friday
  • 22:55

配信日:February 22, 2019


『必要なこと』


先日、テレビで心が震える音を聴きました。

それは・・・練習のし過ぎなどで右手が故障や病気のために動かず、ピアノを
両手で弾くことができなくなった方々のために開催された、
「左手のピアニスト・コンクール」で奏でられていた音でした。

右手は膝の上に置いたまま、左手だけでグランドピアノの90近い鍵盤をそれは
自由自在に行きつ戻りつ奏でられる音...左手だけでこんなも複雑で洗練された音
が出せるのかと、昔、多少なりともピアノをかじったことのある人間としては、
人の可能性というものに驚くばかりでした。

何より心打たれたのは、ここに至るまでのピアニスト達の苦悩懊悩、そして、
それらを乗り越えて「左手のピアニスト」としての活躍を夢見るまでに至った
それぞれのストーリーでした。

あるピアノ科に通う高校生の女の子は、「たとえ右手、両足がもぎ取られても、
それでも私は残った左手でピアノを弾く」と語っていました。


ここで私なんぞが多くを語れることはありません。

人にとって本当に必要なこととは、

 何があっても夢に向かって進み続けること、
 自分らしく活躍できる場を探し続けること、
 自分で自分を生きていくこと。
 

・・・こんなことを教えてもらった貴重な時間でした。

 

メルマガ233号:コラムより「Alone time」

  • 2019.02.09 Saturday
  • 09:55

配信日:Februrary 8, 2019

 

 

『Alone time

 

アメリカに住んでいた頃、心に残る表現に『I need alone time』というのが

ありました。日本語だと『ひとり時間が必要なんです』でしょうか。

 

今では雑誌などでも頻繁に使われるコンセプトなので珍しくもなんともない

のですが、当時子育てをしながらコーチになる勉強をしていた身にはとても

新鮮な表現でした。

 

大人同士の間でも、親子の間でも、「いま私にはalone time が必要なの」

「...だから一緒に行かない」とか「...だからひとりにしておいてほしい」と

率直に気持ちを伝え合っていた場面に何回も遭遇しました。

 

 

ある時、3歳のうちの娘が折り紙をしながら「マミー、見てみてみてみて!」

とコーチングの英語資料を首っ引きで勉強していた私に言ってきました。

 

あ、いまアレを使おう!と思い立ち・・・

 

 「あのね、あなたも大好きなお絵かきや工作をしている時に邪魔されると

  ちょっとイヤだな、ほっといて、と思う時があるでしょう?」

 

 「うん」

 

 「マミーはお母さんだけど、時々、alone time が必要になる時があって

  今がそれなんだよね。だからそれぞれやりたいことを一人でやろうね」

 

 「・・・わかった」

 

 「(内心:Yey!!とガッツポーズ)」

 

もちろん毎回上手くいくわけではありません!でしたが(笑)、他者がそばに

いても自分の時間を持つことの大切さ、他者の時間を尊重する、ということを

少し教えることができたかな・・・と感じた娘との会話です。

 

 

母としてもコーチとしても必死だったあの頃、alone time を意識して持つこと

によって、『自分』を保ち栄養を与える時間にしていたのだなと思います。

 

 今感じていることをゆっくり反芻する

 この一週間、一ヶ月を振り返る

 やりたい・やるべきことを邪魔されずに集中してやる

 気になっていることについて、丁寧に考える

 大切な人のことを想う・・・

 

こういう時間は、忙しい時ほど、実は必要なのではないでしょうか。

--自分をすり減らさないために。忙しさで”何か”をごまかさないために。

 

 

皆さんは忙しい日々の中でalone time...どれだけ持てていますか?

(と書きつつ、明日は予定を変えて家にこもろうと思い直しました。笑)

 

メルマガ232号:コラムより「わかれないこと」

  • 2019.01.26 Saturday
  • 14:28

配信日:January 25, 2019

 

 

『わかれないこと』

 

 

さて1月も早や終わろうとしていますが、皆さんはどんなスタートをきって

おられるでしょうか。

 

年末のこと。ある友人とのお茶の時間に、

「どんなに頑張ってもわかれないことってあるよね...」という話になりました。

 

これすなわち、私たちが簡単にわかることでも他者がわかれないことはある、

ということだよね・・・と。

 

例えば、

 

私の場合は、空間の認識が甘いというか弱いというか乏しいというか。

すぐに道に迷うし、いつもの景色を違う方角から見ているだけでその場所が

しばらく認識できなかったり、どんなに頑張って地図を見ても、頭の中が

ぐるぐるして思考がぼやけてくるのです。先日も、とある”3丁目”の住所に

行きたくてスマホの地図に沿って歩いているのに、いつまでたっても

5丁目”から抜け出せずちょっと怖かったり・・・涙

 

なのに、世間には平面の地図を見ているだけでその場所が3次元で見えたり、

理解できたりする人がいる。私などに言わせると、建築家や構造物の

エンジニアの方々の頭の中はいったいどうなっているのだろう・・・と

想像を絶する認識力を感じるわけで。

 

逆に。私は小さい頃から人の顔を覚えるのが妙に得意だったり、

相手の気持ちを察して関係性の距離感を図るのがすっとできたりするけれど、

それが「できない、わからない〜!」と仰る方も多くおられて・・・。

 

 

何がわかって・わからないのが良い悪いと言っているのはありません。

 

人の感覚や理解の仕方は違う、ということ。

 

こちらが一生懸命"伝えた" のに、相手は相手の感覚で受け取るので、

それが伝わったかどうかは確認してみないとわからないのですよね。

「何べん言わせるねん!」と叫んで見ても、"その伝え方" では、全く

わからない人はいるということを肝に銘じておきたいよね、と二人で

話したのでした(ちなみに友人は同業者)。

 

 

ということで、空間よりビジュアルや体感覚に強い私に道順を教える必要が

ある場合はどうぞ、地図に沿った説明ではなく、”まるでその場を歩いて

いるかのように”右手にある建造物や道路幅の特徴やその町の空気などを

伝えてもらえると、おそらく迷うことなくそこにたどり着けると思いますので、

よろしくお願いします!(笑)

 

 

...ということは、伝え合う前に、互いの得意・不得意を先に知り合って

おくことが大切、ということですね

 

 

メルマガ231号:コラムより「続ける」

  • 2019.01.12 Saturday
  • 10:30

配信日:January 11, 2019

 

 

遅ればせながら、

 

  新年、あけましておめでとうございます。

  本年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

新年号 〜 『続ける』

 

 

さて読者の皆さまは、どんな年末年始をお過ごしでしたでしょうか。

 

私は中高大とお世話になった京都市内の繁華街を、数十年ぶりにゆっくりと

歩く年明けとなりました。残念ながら、多くのお店は閉まっていましたが、

友人とよく言ったレトロ調の喫茶店、古本屋、アーケード、錦、鴨川の河原...

などなどを巡りながら、色々と懐かしい思い出が・・・観光客や初詣客で町は

溢れかえっていましたが、私の中の「絵」は当時のままでワクワクしました。

 

 

そして振り返り続きでいくと、かれこれこのメルマガも今年で11年目。

ドキドキの第一号は2008年の9月でした。10年続けたのだなあ〜と

我ながら感慨深いものがあります。そして発行当初からずっと読み続けてるヨ!

と仰ってくださる方々がおられて...本当に感謝にたえません。

 

 

アメリカに住んで15年も経つ頃には、まさか自分が日本、それも東京に戻る身

になるとは想像もしていなかったのですが、夫の仕事の機会に乗じて「えいっ、

久しぶりに住んでみるか!」と勇気を振り絞って帰国したのが2005年の8月。

メルマガ第一号配信の頃は、ようやく日本の暗黙知や社会ルールにある程度乗り、

6歳児を抱えながら、何とかコーチとしての仕事を軌道に乗せようともがいて

いる頃でした。

 

・・・何がここまで私の背中を押してきたのか?

 

と考えると、必ず浮かんでくる一枚の想像上の「絵」があります。

あれは自分の将来のことを悶々と悩んでいた大学2〜3年の頃だったでしょうか。

突然、自分の未来の姿と思われるイメージが降りてきたのです(怪しいけれど、

そうとしか言えない〜!)

 

それは、よく写真館で窓辺に飾られている家族風の写真で、私はピンクのスーツを

着て椅子に座り、隣に小学生くらいの子供が一人、後ろにパートナーの男性が

立っていて・・・

 

「ああ、私は家族がいても絶対に自分を活かせる仕事をしていたいんだなあ」と

鮮明に思ったのを、今でも身体が覚えています。

(スーツが黒やグレーではなくピンク色というのもミソですかね、笑)

 

リーダーシップ論的に言うとビジョン、というやつですね。

無意識に欲していたものが、自分の未来を必死で考え続けることによって何かに

触発され、意識に上ってきたのだと思います(結果的には、"自分を活かせる仕事"に

出会えるまでに、あそこから20年要したのですが。コーチにいて欲しかった...泣)

 

今になってみると、この理屈を超えて「ほしい」と感じるもの(ビジョン)には、

深い納得感と共に、物凄いエネルギーが秘められているのだ...としみじみ感じます。

苦しい時や道を見失いそうになった時には「あの絵」に何度も支えられたから。

 

 

考え続ける

感じ続ける

問い続ける

書き続ける

挑戦し続ける

変化し続ける

そしてまた、

迷い続ける・・・

 

 

自分らしく生きるためには、これら「続ける」が大切なのですね、きっと。

 

今年もまた、これら「続ける」の中でもがきながら、私なりの思いを綴って

いきますので、どうぞ読み続けてくださいませ〜!

 

 

最後にコーチっぽく・・・

 

「あなたは今年は(も)、何を続けていきますか?」

 

 

 

*メルマガトップのコラムのバックナンバーはホームページ・ブログまで

  http://kumikobayashi.jugem.jp/

*メルマガ全文は、「まぐまぐ 小林久美 メールコーチング」

 を検索いただけるとお読みいただけます。

 

 

 

それでは、2019年が皆様にとって素敵な一年となりますよう

メルマガ230号:コラムより「今年は・・・?」

  • 2018.12.28 Friday
  • 11:01

December 28, 2018

 

 

『今年は・・・?』

 

 

いよいよこれが、今年最後のメルマガとなりました。

 

娘が小学生の頃に「〜に2、3か月かかる」と言ったら「え、そんなに長く!?」と

驚かれたことがありましたが、この歳になると1年はあっという間ですね。

日々を丁寧に生きなきゃ、なんてよく聞くセリフを頭の中で繰り返す日々でした。

 

 

さて、2018年はみなさんにとってどんな一年だったでしょうか?

 

今年も私が今、自分のコーチに投げてほしい「問い」を皆さんに投げつつ

閉じていきたいと思います。

 

 

・今日、この時間、あなたはどんな気持ち(状態)ですか?

 

・誰とハグしたいですか?

 

・今、誰に、何を、一番、伝えたいですか?

 

・今年一番輝いていた瞬間は?

 

・今年一番悔しかった、悲しかったことは?

 

・今年一番頑張ったことは?

 

・今年一番無責任だったことは?

 

・1月から12月まで、どんな波がありましたか?

 

・何を誰に伝えていませんか?

 

・今年を一言で表すと(フレーズ、漢字、比喩)?

 

・ようやく今年、やれたことは?

 

・来年は何を始めますか?

 

・あなたの夢は?

 

 

私も1年のスケジュール帳を読み返しながら、上の問いに答えてみたいと思います。

 

もしよかったら、あなたの答えも教えてくださいね〜!

 

 

 今年も一年、メルマガをお読みいただき、本当にありがとうございました。

         沢山の質問や励ましのコメントに心からの感謝を。

         そして「今年もお疲れさまでした!」

 

  来年も頑張って書きますので、引き続き応援をよろしくお願いします!

 

   2019年が皆様にとって、実り多き一年となりますよう。

 

               " HAPPY HOLIDAYS…♪♪♪ "

 

                   LOVE,

                                  KUMI

 

メルマガ229号:コラムより「思考と視界」

  • 2018.12.15 Saturday
  • 13:29

配信日:December 14, 2018

 

 

『思考と視界』

 

 

私は企業向け新入社員へのワークショップはほとんどないので春はうららか〜に

過ごせるのですが(笑)、秋は本当にありがたいことに、そうはまいりません。

 

娘も大きくなったと言っても毎日のお弁当が必要な高校生で妻やママ友の顔、

生活空間にこだわりの強い人間として家を整えておきたい気持ちもある中、

ピンで仕事をし。多い時は5つくらいの”役割の帽子”を(自ら)かぶって

生活をしています。

 

そんな状態で9月、10月、11月・・・と走り続けていた先日、とうとう

やってしまいました。プライベートでの約束に堂々1時間の遅刻!いつの間にか

私の中で「11時着」が「11時発」にすり替わっていたのでした(ありえへん!)

そして、それを笑って許してくれた友人に"絶対ランチはご馳走しよう"と心で固く

誓ったのに、それすら忘れて帰宅したという。トホホ〜

 

そして2回目のやってしまった...が。

その企業訪問では普段乗り慣れない「ひかり」に乗車(いつもは「のぞみ」)。

降車すべき駅名を頭に入れていたつもりが、なんと一駅前でするっと下車し改札を

出てしまったのでした!ローカル線ではないので、その一駅のためのロス40分。

幸いにも、かなり時間に余裕を持って動いていたので事なきを得たのですが、

本当にあの時は冷や汗が出ました。そして大きな駅構内を歩いている人に

大の大人が「ここはどこですか?」と聞くあの恥ずかしい汗も。フハハ〜

 

 

実に、自分のキャパの限界に近づくと思考の幅、視界の幅が狭くなるのを

ひしひしと感じた秋ではありました。

 

あれこれあれこれ考えているので、気づかない、のですね。

 

...とは言いつつ、自分にキャパがあるなんて信じたくない!のが私で。

「自分のキャパを受け入れよう」と虚しく言い聞かせたりしています(笑)

 

 

っとここまで書いて気づいたことがありました。

キャパシティには数種類あるのですよね。

 

私の場合、体力のキャパ上限が近づくと、明らかに脳のシナプスの繋がりが

鈍くなるのがわかります。いつもならパパッとナビで確認して動けるところが、

「待ち合わせの駅はXXで何時にXX」と声に出してその場にいる自分までしっかり

想像しないといけなくなる。それでようやく、"よいしょっ" とシナプスが

繋がる音がするような気がします(笑)

 

そしてもう一つは、仕事で発揮する能力のキャパ。

これは、「生涯、成長&挑戦し続けたい!上限はない!」というのが自分の

信条なので、おそらく変えられないこと。

 

では「体力x信条」のキャパをどのあたりで保持するのがいいのか?

私が本領発揮を続けられるラインはどの辺りなのか?

 

 

残り2週間となった2018年、ゆっくりじっくり腰を据え、来年見据えて

考えようと思います。

 

 

メルマガ228号:コラムより「あなたの安全基地」

  • 2018.11.24 Saturday
  • 14:49

配信日:November 23, 2018

 

 

『あなたの安全基地』

 

私はカリフォルニアで子供を産んだのですが、妊娠7ヶ月の頃、妊婦さん向けの

ヨガに通い始めました。当然のことながら、申し込んだ時にはヨガをしに行く場所、

と思っていたのですが、ヨガの先生がもの凄く人間力のある方だったので、いつの

間にかそこは「不安でいっぱい、すぐに感情が溢れ出してしまう妊婦たちの安心の

場」になったのでした。

 

ヨガを始める前にみんなで床に座り、ヨガの先生が「その日の質問」なるものを

投げかけてくれます。前にもメルマガで書いたことがありますが、一番心に残って

いる質問は、

 

 Where is your safe place? 〜あなたにとって安全な場所は?

 

でした。

 

多くの女性たちは「家のリビングルーム」や「お風呂」などと答えていたのですが、

私にとって出てきたイメージは「実家の裏山にある竹林」でした。

 

小さい頃、祖母によく「くみちゃん、外で遊んでて地震が来たら竹藪に飛び込み

なさい、竹は根が張ってるからどこにも飛んでいかへんえ」と言われていたから。

また割と家から遠くにある学校に通っていたので、帰路、あの竹林が見えると

ホッとしたものでした。

 

あれから何十年...今でも不安になったり、フとした時にあの竹林を思い出すことが

あります。

 

「私にはあの場所がある」と思い出すことで安心を取り戻し、また次に向かっていける。

 

おそらく、あのヨガの場も当時の私の安全基地であったのでしょう。

 

 

あなたは「安心安全をくれて、また翔び立って行く」ためのどんな安全基地を

持っていますか?

 

 

メルマガ227号:コラムより「QOL〜生活の質」

  • 2018.11.10 Saturday
  • 21:00

『QOL ー 生活の質』

 

 

先週、ある男性のマネージャーが呟かれた言葉が心に残っています。

 

「頑張って働くことが、QOL (Quality of Life〜生活の質)を上げていくことに

 繋がる働き方をしないといけないと思っています」と。

 

今でこそ、ひと昔前の「24時間働けますか!?」というCMが笑い話になって

いますが、「頑張って働く=プライベートや家族を犠牲にするのは仕方ないよね」

という無意識のバイアス(思い込み、思考の偏り)を持っている方は、

実はまだまだ少なくないのでは?というのがこの仕事をしていて感じるところ。

 

だからこそ、このマネージャーの言葉が珍しく聞こえ、私の心に響いてきたのだと

思いました。

 

いかがでしょう、皆さんは「頑張って働くこと」が「生活の質を上げる」ことに

繋がっているでしょうか?

 

とここまで書くと、「じゃあ、生活の質って何?」という問いを持った方も

あるかも知れませんね。

 

健康面、

金銭面、

学び

キャリア/仕事、

家族、

その他人間関係、

 

上記の側面において、あなたはどれ位の充足感を持っているか?という切り口で

考えてみてはいかがでしょう?

 

これら私たちが生きていく上で大切なことごとは、全体目線で見てみることが

大切だと私は思います。一つが良くても他の何かが良くないと感じていると、

それが常に頭の片隅にあって、真の幸せが感じにくくなる、と思うからです。

 

まあ、言うは易しで私も日々精進、、、なのですけども(笑)

 

 

最後に、前述の彼の言葉を私なりに翻訳してみると・・・

 

心の充足が得られるような働き方をしていると、それが対価や職場の人間関係にも

現れ、自分や家族を大切にする余裕が生まれる。それが生活の質が上がるという

こと” でしょうか。

 

何も仕事が必ずしも中心になる必要はありません。家族が中心で、家族とのあり方

を大切にすることで心の充足が得られ、周りの人間関係にも余裕が生まれる

といったこともありますよね。

 

もし、あなたが知らぬ間にQOLを上げていくことを諦めてしまっているなら、

どの側面を上げていくとより充足を感じられるのか?を考えてみるというのは、

いかがでしょうか?

メルマガ226号コラムより「出す!」

  • 2018.10.27 Saturday
  • 10:35

配信日:October 26, 2018

 

 

『出す!』

 

 

いきなり大きい質問で恐縮ですが、、、

 

皆さんは、日々の生活(仕事やプライベートなど全面)で、どれくらい「ココは!」

という時に、自分の感情を正直に出して生きているでしょうか?

 

 

先日のチーム仕事で。思わぬハプニングが続出し、普段人の言動の奥深くを見つめる

ことが習慣に成っているコーチ達も限界...であわや切れそう!なことがありました。

でもなんとかコトは収まり仕事がスタート、無事成功に終わったのでした。

 

が、人のカラダというのは正直にできていて、私は翌日からその疲れが喉にきて

今週一週間はカラオケ歌いすぎた人、みたいな声で仕事をするハメに...(笑)

 

もしくは。

 

知り合いに、衝突が嫌いで普段から人を尊重しサポートすることに徹しているのだけど、

何かの拍子にとてもブラックで斜め〜な顔が出てきて周りをひどく驚かせる人がいたり...

 

 

とツラツラ考えていると、人というのは一つの器のようなものだなと思うのですよね。

とても繊細緻密複雑にできているのだけど、やっぱり限界はあって。

 

いくら大丈夫なつもりでいても、表面張力の”最後の一滴”でドバ〜っとダム決壊のような

ことになったりする。

 

ならば、ないことにしないで出せる時に出した方が心身に良い!と私は考えます。

 

 

もちろん私達はオトナなので、それなりのタイミングや出し方を考慮する必要はありますが、

大事なのは「ないことにしない」で、ちゃんと悲しみ、怒り、喜び...を外に出す。

 

そして、

 

そんな風に感じている自分を抱きしめてあげることだな〜

 

と、しみじみ思う今日この頃です。

 

メルマガ225号コラムより『彼の甲子園』

  • 2018.10.13 Saturday
  • 10:43

 

配信日:October 12, 2018

 

 

『彼の甲子園』

 

 

高校生の秋といえば文化祭!

ご多分にもれず、我が家の高二娘も寝る間を惜しんで色々とやっていました。

ちなみに彼女の高校は都内でも1、2位を争う文化祭なのだそうで。

 

海外体験の長い家族が集まっている高校のせいか、母達も同じ苦労を分かち合え、

かなり仲良くしていて毎月のようにランチ会や飲み会で集まるという...

そんなおしゃべりの場で、一人のお母さんの言葉がとても印象に残っているので、

彼女の許可を得てここに書きますネ。

 

そのお母さんの息子である娘の同級生のA君が、文化祭最終日の講堂で行われる

パフォーマンスで「ひとりライブ」をすることに。しかも大トリ!

普段は無口で一匹オオカミ的な彼が、そもそも人前でそんなことを企画することに

皆んなが驚いたのですが、オーディションに通過してからの日々、彼のお母さんに

よると朝の5時から練習、帰宅後に練習、夜中まで練習・・・の日々だったそう。

そのおかげで家族はかなーりの睡眠不足に悩まされたとか(笑)。

 

「でもね」と彼女(ママ友)。

 

「これは彼の甲子園だと思うことにしたの」

 

「来年は受験に追われるから、この貴重な高校生活の中で、今回のライブは

 彼の甲子園だ、って。そう思ったら、うるさいギターも許せたわ〜」と。

 

 

それを聞いた時、"なんて素敵なお母さんだろう..."と思うと同時に、

私はどきっとしました。

 

 私の甲子園は、、、

 そもそもあの頃、それほどまでに頑張った時間ってあったっけ...

 

 

・・・これを読んでいる皆さんはどうですか?

 

 

娘によると、彼のライブは大成功。講堂に集まった生徒たちは男女問わず

ひたむきな彼のギターに心奪われうっとりしていたようです。

「あの時のギュってなった空気感はすごかった、ヤバかった」そう。

 

 

子供達から学べることは、まだまだ沢山ありそうな秋です。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM